サブカルの発見

おすすめ海外アニメ『魔法が解けて』シーズン2までの感想あらすじ

おすすめ海外アニメ 『魔法が解けて』 シーズン2までの感想あらすじ

『魔法が解けて』はNetflixオリジナルのアニメーション、現在シーズン2まで配信中

舞台は王国ドリームランド、中世のファンタジーと言う大きな物語の中にブラックでシニカルな笑いがテンポよく配置され、大人でも楽しめるエンターテイメントなアニメーション

『魔法が解けて』予告

あらすじ

ドリームランドに住むティアビーニ(通称ビーン)は破天荒なじゃじゃ馬な王女様、父に決められた政略結婚と言う自分の運命を前に、エルフの「エルフォ」と小悪魔の「ルーシー」に出会い自分の運命を変えていくのだった

原作・制作 マット・グローニング(グレイニング)

通りすがりの女の子

ザ・シンプソンズで有名だね

『魔法が解けて』はどこがおすすめ?

ビーンとエルフォとルーシーの3バカトリオが面白い

物語はこの3人のキャラクターを軸に話が進んでいきます、アニメの冒頭10分程で既にビーンというキャラがどんなキャラなのか分かってしまうくらいキャラの立ちが気持ちいい

決して記号的なキャラ描写に頼ってるわけでもないのに、この瞬間風速的なキャラ立ちの冒頭であっという間にアニメに引き込まれてしまいます

3バカのキャラがそれぞれ立つ頃にはもうアニメにハマってる頃合いだと思います

物語が進んでいくうちに3人の友情が深まっていきます、ブラックや皮肉な笑いだけじゃなく、それぞれがそれぞれの無いところを補い助け合ってピンチを乗り越えていく物語にもこのアニメの面白さがあるんじゃないかと思います

おすすめその1・ティアビーニ王女、通称ビーン

予告ビーン編

酒好きでギャンブル大好きなドリームランドの王女様、父である国王ゾグ王に自分の運命を決められてしまう事への反抗心から、あんな事やこんな事をしでかしてしまう

子供から大人になる間の悩み多き普通の女の子でもある

気違い染みたキャラ故に悩んでる姿が妙に人間らしく(人間ですが…)だんだん可愛く見えてくるから不思議なものです

おすすめその2・エルフの森からやって来たエルフォ

予告エルフォ編

楽しいエルフの森に嫌気がさして、森を追放されたエルフのエルフォ、冒険と危険を求めてやって来たドリームランドでビーンやルーシーと出会う

純粋で素直な良い子、間が抜けてるけど時に勇敢で恐ろしい物から王女を守ったりするカッコイイ奴です

おすすめその3・悪魔のルーシー

予告ルーシー編

悪魔の中では下級の小悪魔、クールな皮肉屋だけど、いつも一緒にいるビーンとエルフォに関しては友情みたいなものを感じてしまっている

間が抜けたビーンとエルフォのフォローに回り最終的に自分もちゃっかり得をする、悪魔的だけどどこか悪魔らしくない悪魔

人がサクサク死んでいきます

時代は中世、戦争や病などで数多くの人が亡くなられた歴史があるのですが、それゆえに人がサクサクと死んでいきます、それはもう、さも当たり前のようにサクサクと。

海外のシチュエーションコメディはそう言うブラックなネタが多いのですが、このアニメは物語が中世の時代だと言う背景の設定があるので、そういうネタもある意味で史実に忠実なのか!?と思ってしまうような仕様のアニメです

石化した子供を盾にして隠れるゾグ王の性格すらも笑いにかえてくる、ギリギリのスタイルで攻めて来ます

まとめ

ビーンとエルフォとルーシーの3バカトリオ、この3人の掛け合いを見ているだけで次のシーズンが待ち遠しくなってしまいます、物語の方も気になりますが…続きが楽しみです!

ABOUT ME
なめくじら
なめくじら
人間から退化した軟体生物 尊敬する武天老師様の教え 「よく動き よく学び よく遊び よく食べ よく休む」 をモットーに人生を模索中 絵を描くのと旅をする事とサブカル大好き 最近は時間をベトナム語の勉強と海外ドラマや映画に消費しています。 現在このサイトでは主に 【生きる希望を見出す為の「旅」と「サブカル」の発見】 をテーマに「雑記」を交え あなたが知らなかった新しいコンテンツに出会えるようにオススメを紹介しています。