サブカルの発見

おすすめ海外ドラマ『アンブレイカブル・キミー・シュミット』事件の被害者として育ったポジティブ極振り主人公のドタバタコメディ

おすすめ海外ドラマ感想『アンブレイカブル・キミー・シュミット』用アイキャッチ

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』は2015年からNetflixオリジナルとして配信されたシチュエーションコメディ

シーズン4まで配信され、完結済みです

カルト教の教祖に騙されインディアナ州の地下に15年もの間3人の女性と共に幽閉された、キミー・シュミット(29)が主人公のドラマ

世間の人々に凄惨な事件の犠牲者だと思われたくない主人公が、ニューヨークで暮らす個性的でクセのある人達に囲まれ新しい生活を始める事になります

2020年に視聴者がストーリー展開を自由に選択できる、「インタラクティブ・エピソード」として1話限りの特別な「その後」のエピソードが配信されるそうです、楽しみでしょうがない!

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』予告

今日は見ているだけで元気になれる、ちょっと変わった主人公とこのドラマの魅力を考えたいと思います

見てない人にもその魅力が伝わるように書く事ができたら良いな


15年後に救出された監禁事件の被害者、主人公キミー

事件の内容を聞いただけでとてもコメディに出来ないような主人公の生い立ち設定

多分他の映画やドラマなら間違いなくシリアスで重たい物語になるのですが…

キミーという主人公のポジティブ極振りの性格により、この事件に巻き込まれた15年もの歳月すらもとても間抜けな事のように思えてきてしまうのです

被害者にとってはかなりデリケートに扱われるべきこの問題もこの主人公のせいで

ブラックなユーモアとして笑えるネタ化してしまうのです

それほどまでに強烈なキャラクターを持つキミーは世間の人々に「モグラウーマン」と名付けられ、被害者として可哀想に扱われるのを嫌がり

三人の監禁仲間と別れ一人NYで生活する事を選択するのです

NYで出会うブロードウェイの夢を追う同居人タイタス

色んな癖のあるキャラクターが登場するこのドラマで、一際異彩を放つのが、ブロードウェイ出演を目指すゲイのオッサン俳優、タイタス・アンドロメドン

夢と希望に溢れNYにやってきたキミーとは対照的に、NYで夢を追うのに疲れ、その日その日を生活する事で精一杯な夢追い人として登場し、キミーに嫌がらせをしたり、時に手助けをしてくれたりと最低な人間なのに憎めない、そんな人間として描かれます

この二人のコンビが物語の太い幹となりシーズン4に渡って関係が描かれて行くのです

昔の自分と今の自分、それはキミーとタイタスの関係に似ている?

ロストジェネレーション、ロスジェネ世代、などと呼ばれる世代があります

就職氷河期、新卒で就職する事が難しかった時代です

「どうせ就職無理だから自分の好きな事をして生きよう」 と

いわゆるその時に流行っていた「自分探し」をする為、夢を追い東京へ出てきた人達が沢山いました

あの人達は今どこで何をしてるのでしょうか?

今思えばなんて青臭い、自分も夢を追い、華やかな世界に憧れ、「自分」と言うあるはずのない物を探す為に東京へ出てきた一人だったのですが

時が経ち気がつくと夢から醒め、夢敗れ夢に疲れ、あの頃夢見た華やかではない、「普通の生活」を坦々と送っている自分がいます

それはまさにNYでだらだら生活するタイタス・アンドロメドンそのものであり

またその日常から、あの時の夢をもう一度見させてくれる主人公キミー・シュミットはあの頃の自分と同じような存在なのです

NYで過ごす二人のちょっと変でちょっと変わったドタバタ生活は、「普通の生活」であり

そしてその二人の関係は、あの頃東京で夢を追っていた自分を肯定してくれるような

「あの時、過ごしてきた普通の日々は間違いなく素晴らしい時間だった」のだと

そう肯定してくれてるかのような、そんな素敵な関係なのです

「普通になりたい」と言うキミーの「普通」「普通」ってこんなにも素晴らしい

15年もの間地下で過ごしたキミーの「普通」は世間の人たちから見れば「異常」な生活です

そんなキミーの憧れる「普通」それは物凄くパワーを持って「普通」を肯定してくれます

自分が過ごしてきた「普通」もきっと世間の人から見れば「普通」ではありません

そしてそんな自分が今憧れてるのもやっぱり「普通」だったりするのです

成長し小さい頃の「普通」を否定するのではなく肯定して今を生きていたいと思わせる

そんな風に成長して行くキミーの物語

そう、生きる事って「普通」の事、たまに辞めたくなるけどね

『アンブレイカブル・キミー・シュミット』はそんなポジティブ極振りのドラマなのです

ABOUT ME
なめくじら
なめくじら
人間から退化した軟体生物 尊敬する武天老師様の教え 「よく動き よく学び よく遊び よく食べ よく休む」 をモットーに人生を模索中 絵を描くのと旅をする事とサブカル大好き 最近は時間をベトナム語の勉強と海外ドラマや映画に消費しています。 現在このサイトでは主に 【生きる希望を見出す為の「旅」と「サブカル」の発見】 をテーマに「雑記」を交え あなたが知らなかった新しいコンテンツに出会えるようにオススメを紹介しています。